So-net無料ブログ作成
ツーリング ブログトップ
前の1件 | -

天空の草原ツーリング [ツーリング]



今日はもちっこ企画で

こうさん任せ響ちょこっと口出しの

チビッ子バイク限定ツーリング。




細い道がメインなので

いつものピンクナンバーメンバーだけで走ることになりました。



g1.JPG

ちなみに私の企画じゃないけど

口出しした手前ちょっぴりお手伝いするつもりです。

(半分くらい先導したけどな)



こうさんの先導で大任の道の駅まで走って

ここでせっちゃんが合流。



わたしは草原の道を案内する予定になってるので

わたしに抜きで先導じゃんけんをするとせっちゃん秒殺で先導決定。

g2.JPG


小石原を抜けてファームロードを走った後半から

わたしの先導に変わりますがいきなりダートに案内してしまった(笑)


1-2.jpg


涌蓋山に近付けそうな道だと思って

いつか入って見ようと思ってたのだけど

タイヤの山がもう無いのでダートはパスってことにして

予定通りに楽園ロードへご案内。


2-2.jpg


キャーーーー!



甑島列島の抜けるような蒼い海も良かったけど

大草原の緑も素晴らしい。


3-2.JPG


九州を走るライダーでよかった。



そんな草原を眺めながら走ってると

昨年は居なかったけど今年は羊がいました。

4.JPG


ヤギと違って臆病なので群れで逃げちゃうのだけど

毛を刈られて細くなった群れが一斉に走る様子はかなり可愛かったよ。



まずは楽園ロードの稲荷神社側の山に上がりましょう。

g4.JPG


途中で停まったら後ろを走るもちっこさんから

真剣に怒られそうな急勾配の道を上がります。

(坂道発進嫌がるのよ)


g6.JPG


野焼きからすっかり緑になった草原で

梅雨前と言ういい時期に来ることができました。


5-2.jpg


毎年来てる気がするけど

ここは飽きない。


7-2.jpg


風が吹き抜ける草原から

九州の大自然を堪能する4体のヘルメット星人。


6-2.jpg


稲荷神社側の山は行き止まりになるので

今度は下のクネクネ道の方へ行きます。


8-2.jpg


草原の中を気持ちのいい道が

カーブを切りながら伸びていますが実際は

切れ目切れ目に草が生えてて走り心地はあまりよくありません(笑)


g7.JPG


その途中に牧草を刈ってる場所がありました。


10-2.jpg


機械で刈り取った後の

幾何学模様ってなんだか好きなんだよね。


10-3.jpg


そんな風景の中をトコトコと

小さなバイクたちが走る。


13-2.jpg



見渡す限りの大草原の中に

いると人の存在はあまりにも小さい。



13-3.jpeg

見える?



言った通りめっちゃ小さいでしょう?

14-2.jpeg


実際も小さいけどと心の中で思いつつ

みんなバラバラになって走りますが

1本道だしはぐれても草原なので迷子になる事はないので安心。



ただ茜ちゃんは急勾配で苦しそうです。

16-2.JPG


茜ちゃんほとんどローギアで登ってます。

(頑張れ!)


KSR110で来たときはローギアで止めてても

クランクが回って動き出すほどの勾配なんです。

17-2.JPG

しばらく登りなから

眺めが良いところでちょっと停まって見た。

g8.JPG


平坦なところじゃないと怒られるので先導は

大変なんです(笑)



ほら良い道があるじゃないですか。

20-2.jpg


オーバースピードで曲がれなかった時は

そのままバイクと一緒に草スキーしちゃってください。


21-2.jpg


視界には白い道と空しか見えな爽快な

ヘアピンカーブでした。


22-2.jpeg


みんな斜面に落ちることなく無事に

平坦な広いスペースまで来たところで休憩。


19-2.jpg



目的地に着いたので記念撮影しま~す。



18-2.jpeg

4人の楽園の住民たち。




集合を撮った場所から少し先で道は行き止まり。



小さなバイクでも何度も切り返さないとUターンできないところで

4台がお互い邪魔だと罵り合いながらとりあえず無事に下山完了。



g9.JPG


下界の道を少し走ったら

再び森の中へ



クヌギやナラの木の森を抜けます。


g10.JPG


カブトムシを探したいという衝動と闘いながら

天空の草原の第2ラウンドへ突入。


g11.JPG


道沿いに生えてる樹がなくなるといきなり草原です。


g12.JPG


道はアスファルトじゃなく

終始コンクリート舗装。



楽園ロードの鬼坂を走った後なので

激坂レベル坂はもう普通の

急坂レベルに感じた坂を上り切るとそこは・・・



絶景!


24-2.jpg

ヒァッポーーー!


遠くに阿蘇五岳が霞んで見えます。


25-2.jpg


緑の丘の中を通る白い道をさらに上がると

ダートと言うよりグラスロードになりました(笑)


g13.JPG


この程度の道はちびっ子バイクなので

わたしの先導はそのまま大丈夫?とか聞かずに

どんどん行っちゃいます。



みんなステップやスイングアームに草を引っかけながら

進むと道は再び白い道になるのだけど

その白い道を上がった先は天国のような風景が待っていました。

27-2.jpg


そのまま夢の国に行っちゃいそうな道だよ。




バイクを停めて草原の中に入って見ると

骨発見!


29-2.jpg


違う意味で天国でした(笑)



そう言えばkiyomakoさんがツーリングの途中で

鹿の角を2本拾ってたのでこれを拾うと頭が揃うよと今度教えてあげようっと。



天国の道で最高の気分を味わったところで

その気持ちを表現してみた。

28-2.jpg

浮かれ気分の人たちと

人と違う事をしたがるひねくれ者。



天国にいるけど生きてる4人はお腹ペコペコになって来たので

ココからはランチ場所までこうさんに任せます。



g14.JPG


天国の道は下りの方がジャンピングポイントとかあって

スリリングでしたが一般道に戻ってしばらく走ったのちに

滅多に入らない黒川温泉郷へ入ります。



バイクだと空いたスペースに停めれそうだけど

観光客も多いので公共の駐車場にバイクを停めて歩きます。


30.JPG


ランチ場所は温泉街のど真ん中にあるここ。

g15.JPG

今日は「うふふ」で赤牛丼を頂くよ~~!


ドーーーン!

g16.JPG

ウフフ・・・

ご飯前の方ごめんなさい。



予想を裏切らない美味しさで

綺麗に完食して御馳走様。


阿蘇の恵みに感謝です。



お店を出てバイクの所まで戻るのですが

お店を出て10歩くらい歩いたところでもうスイーツに

手を出す4人。


g17.JPG

だって作ってるところを見ると

めっちゃ美味しそうなんだもん。

g18.JPG


はちみつを目の前でかけてくれるソフトクリームで

程よく濃厚でサッパリとしたソフトに

あまいハチミツが加わることでバランスの良いソフトでした。



黒川温泉を出た後はほど近くにある

七滝へ寄り道。

31.JPG

食後の運動にしてはすこしハードかもしれない

階段を下ると「滝ってこれ?」って感じの滝に行きつきます。

32.JPG

七滝って名前なのでその1個をみるだけのための

結構な階段を歩かされたらしい。


他の6個はまた林道の別の場所からっぽいので

今日はこのショボイ滝1個で勘弁してやろう。



実はランチの後の行先を誰も思いつかないらしいので

私が道沿いにある看板を見て行ってみただけなので

滝はサッサと切り上げてわたしの行きたいスポットに向けて

やまなみハイウエイへ。

g22.jpg


瀬の本高原からは

久住スキー場の林道を経由したけど

後は観光の車に交じってやまなみハイウエイをのんびり走ります。


g23.JPG



今日で一番ツーリングらしい道かも(笑)



g24.JPG


前方の森の切れ目から由布岳が見え始めたところで

森の中にご案内。


33-2.jpg


今日のラストスポットはここで

遊び倒したいと思います。



「カラフルユンボ」

34-2.jpeg

このカラーに合わせて私も

迷彩柄にしてみました。



森の中に立つ鉛筆

35-2.JPG

椅子じゃないので

間違って座らないように。

(想像しただけで変な声が出そうだ)




見上げると野鳥の巣箱

42.JPG


よく見ると団地になっていました。


43-2.JPG


どれか使ってる巣箱あるのかな?



さらに奥にはキリン?


36-2.jpeg


柄はキリンだけど

形はナメック星人の住居っぽい建物だよ。


37-2.jpg


森のアート達に

どんどんはまっていくピータパンになろうとしてる4人。


38-2.jpg


FRP製なのだろうけど

内部がその素材を活かしたかっこいい色でした。


40-2.jpg


テーブルもあるので

ここでツーリングのプランを練ったりすると

良い案が浮かびそうだ。


41-2.jpg


30秒の会議を終えて再び森へ


44-2.JPG


まるでおとぎ話の風景です。



小さい時に持ってたヘンデルとグレーテルの絵本に

こんな森の絵があったような遠い記憶がよみがえる。


45-2.jpeg


可愛い家は完全にもちっこサイズでしたが

精神的にもどんどん童心にかえっちゃう。


46-2.jpeg


敷地は東京ドーム14個分くらいあるらしいけど

まだ手つかずの場所がいっぱい残されてるようで

只今絶賛発売中だってよ。


誰か買って見て。



広大な森の中で人の手が入った一番奥に

ツリーハウスがありました。

47-2.jpeg


可愛すぎる!



ツリーハウスの横の坂道には

汽車の乗り物もありました。

48.JPG


途中にある樹に肘がぶち当たるという

ナイスな設計の路線は人力による位置エネルギーで運行します。


49.JPG

運転手と車掌で満員(笑)


それとなんでここに龍がって思う龍。

50-2.jpeg


しかもめっちゃクォリティーがたけ~。


51-2.jpeg

ニギハヤコハクヌシ様か?



それと何の意味か解らないけど

つい上を歩いてしまいたくなる道。

52.JPG


行き止まりにあるのは簡易便所か?って見た目なので

ふざけて「入ってますかぁ~」と声を掛けつつ

ノックしながらドアを開けると・・・


54.jpg


ゴジラが玉のようなウンコをしてました。


55.JPG

失礼しました。



ゴジラが居たかと思うと

こっちにはトトロのバス停だよ。

56.JPG


手作り感満載だけど

残念なことにサイズがもちっこサイズでした。


57.JPG

寛げない(笑)



こうして遊んでる間にも

他の方たちのピーターパン化がどんどん進みます。

59.JPG


ツーリングで寄るところじゃないんじゃい?と最初は思ったけど

すっかりハマっとります。



グル~っと森を廻って戻ってくるとこれはボーリングの球?

61-2.jpg


汚れてるけどこれだけ並べると

カラフルで面白い。


62-2.jpeg


ストライク垣とも呼べばいいのか?


63-2.jpg


やばい・・・


帰りたくなくなってきた(笑)


58-2.jpeg


本当に仕事に行くのが嫌な大人になってしまいそうだ(笑)



60-2.jpg


夜まで居ると焚火で朝まで火遊びなんて

事になっちゃいそうな場所に

後ろ髪ひかれつつ現実社会に戻ります。


64.JPG


ここからはアグリラインや耶馬溪経由じゃなく

日田まで裏道ばかり使って私が黙って先導。


g25.JPG


高塚地蔵尊のある山手を抜ける

車がまったく居ないルート。


g26.JPG


朝も寄った日田のコンビニで小休止して

日田からはわたしを除く3人で先導じゃんけんをすると

秒殺でせっちゃんが先導。


あれ?

これデジャブか?



道の駅大任まで戻ってここで一応解散の儀式。

65-2.jpg


今日もいっぱい遊ばせてもらいました。


せっちゃんはカメラを落として紛失という

ヤラカシの神が降臨しましたがここで離脱。

(帰りながら探したけど見つからなかったよ)



残りの帰り道の先導を掛けて

もちっこさんとこうさんとで先導じゃんけんをすると

もちっこさんが先導(笑)



「わたししら~んし」とか言いつつ

バイパスの裏道を一回も間違えずに先導してました。


やれば出来るじゃね~かと

インカムで褒めながら道なりに分かれてガレージへ。


1日頑張った茜ちゃんを綺麗にしてあげて

今日のツーリングはおしまい。



「おまけ」


39.jpg

本日の小細工。



読んでる途中でこの鶯に気付く人は

病的な響通(笑)



では次回のご乗車をお待ち申し上げます。



◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆




nice!(169)  コメント(42) 
共通テーマ:バイク
前の1件 | - ツーリング ブログトップ