So-net無料ブログ作成

イロハ島を望む監視哨跡 [廃墟&近代化遺産]



廃墟を紹介するのに季節感なんて

いらね~!って事で過去の廃墟コレクションの紹介です。


ツツジに囲まれる廃墟.JPG


「波多津湾監視哨(あぐり山監視哨跡)」


伊万里からR204を北上していくと

「あぐり山公園」の看板が出るのでそこから

細い山道を登ります。


山頂付近になると木々も伐採されて

明るくなるけどかなり勾配もキツイため

車やでっかいバイクだと気を使うかもしれません。


こんな所まで敵艦来ないって.JPG


あぐり山の山頂付近まで道があるので

山頂までは徒歩で数分。


登るとポコポコと島がいっぱいのイロハ島が一望できます。



そんな平和な風景の中に無機質な建物が残ってるのよ。

屋根の樹が今時のエコ屋根.JPG

監視哨の跡です。


戦時中からの廃墟なので

屋根の上はすっかり森と化してる。

わたしでも設計図書けそう.JPG


完全な迷彩となっております。


屋根に自然と積もった土が.JPG


内部はガラ~ンとしててなにも無い。


落書きだらけ.JPG


構造は煉瓦の基礎にコンクリートをかぶせて

作ってるようだ。


モルタルの下は煉瓦.JPG


赤煉瓦以外にも鉱滓煉瓦も使われています。↓


そこそこ良い素材.JPG

場所によってはどっちも使ってる。

鉱滓煉瓦と交互です.JPG


赤煉瓦だけで作れなかったところを見ると

かなり物資が不足していた時に作られたのでしょう。


田舎ほど多い.JPG

それにしてもマイナーな山の上なのに

落書きが多いな(汗)



監視哨の敷地の中にはこんな穴もあります。

穴開いてます.JPG

これは「聴音壕」と言って

敵機の音を聴くための壕らしい。



と、残ってるのはこれだけでしたが

公園の整備とともに誰でも見れる廃墟になった

天空の廃墟の紹介でした。




nice!(32)  コメント(6) 

nice! 32

コメント 6

an-kazu

真夏の草ボーボー時期だと、
アプローチが難しそうですね!


by an-kazu (2019-06-16 08:58) 

HIRO

こんにちは。
聴音壕...レーダーが未装備だったりした当時は、結構大事な監視所ですね。
最近は、ステルスでレーダーに映らないから、音で判断して、弾幕を張るアイアンドームなんて仕掛けも
by HIRO (2019-06-16 10:05) 

miyomiyo

アロハ島でハワイかと思っちゃいました。
ツツジが平和に咲いてて素晴らしいです。
屋根の植栽はカモフラージュ目的ですか?
窓は最初っからがらんどうだったのでしょーか。

by miyomiyo (2019-06-17 21:45) 

響

◆an-kazuさんへ
ツツジを植えて公園化してくれた直後だったので
とっても見やすかったです。
数年前の写真ですので今はどうなってるのかな?


◆HIROさんへ
軍港のある佐世保に比較的近い立地なので
こうした施設は重要だったかもしれませんね。


◆miyomiyoさんへ
屋根のカモフラは人工的につくるより確実に
カモフラージュになってるよね(笑)
by (2019-06-19 23:36) 

OJJ

天空の廃墟後、こんなのが今でも有るんですね~ビックリ!
by OJJ (2019-06-20 16:40) 

響

◆OJJさんへ
いままで山の中に埋もれていたので
変に壊されることもなく残ったようです。
by (2019-06-20 20:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。